您现在的位置: 贯通日本 >> 文学 >> ca88亚洲城真人娱乐故事 >> 正文

蟷螂の斧

作者:未知  来源:日本ネット   更新:2004-11-16 18:55:00  点击:  切换到繁體中文

 

 蟷螂が獲物を狙うときに前の両足を頭上にかざす姿が、斧を振るうの
に似ている。虫の世界ではその斧は大きな脅威ともなろうが、いくら蟷
螂の向う気が強くとも、これしきの斧をもってしては、小虫以外の、も
っと大きな相手に対してはまったく威力のあろうはずがない。即ち、
「蟷螂の斧」とは、弱者が自分の分や力をわきまえないで、ただ気ばか
り壮にして大敵に当ったり、盲進したりするのことをいうのであるが、
「文選」には陳琳(孔璋、三国時代の人)が、《曹操すでに徳を失い依る
に足らず故、袁紹に帰すべし》という趣旨を劉備らに書き送った檄の中
に、曹操軍の劣弱な様を諷して「蟷螂の斧を以て隆車(大車)の隧(轍)を
禦がんと欲す。」といっている。
 
 また、「荘子」の「天地篇」には「猶お蟷螂の臂を怒らして、以て車
轍に当るがごとき、即ち必ず任に勝えざるなり。」と見える。
 
 また「韓詩外伝」には次のような話がある。
 
 或る時、斉の荘公が猟に出たが、一匹の蟷螂が、あわや踏みつぶされ
そうになりながら、その両足を振るって荘公の車を撃とうとした。いち
早くそれを眼にとめた荘公は、
 
 「ほほう、元気な奴じゃ、これは何という虫かな?」
 
 と左右の者に訊ねた。
 
 荘公の御者が答えた。
 
 「これはカマキリという虫でございますが、
  この虫は進むことしか知らなくて、
  一向に退くことを知りませんし、
  自分の力のほども弁えずに、
  一途に敵に当る奴めでございます。」
 
 荘公はこの言葉を聞いて、
 
 「この虫がもし人間であったとすれば、
  それは必ず天下に並びなき勇士であったろう。」
 
 といって車を戻させ、わざわざ蟷螂を避けて進んだという。
 
 
 なお「蟷螂の衛」という類語は、大敵に対する微弱な兵備のことを指
す。
 


 

作品录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇作品:

  • 下一篇作品:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    村上春树《骑士团长杀人事件》

    日本作家到底多有钱,看看村上

    日媒推荐七部日本轻小说入门作

    日本明治时代可以靠写作维生吗

    林少华:村上春树审视的主题依

    告诉你一个真实的芥川龙之介



    ca88亚洲城真人娱乐