您现在的位置: 贯通日本 >> 文学 >> 贯通文学 >> 正文

幸せサラダ

作者:none  来源:本站原创   更新:2004-5-15 20:45:00  点击:  切换到繁體中文

 

すみれさんは、都会の雑誌社に勤めていました。
 小さな雑誌社でしたが、記事を書かせてもらえることはめったになく、お茶を入れたり、おそうじをしたり、資料を整理したりの毎日でした。でもすみれさんは、いつかすばらしい記事を書くことを夢見て、朝から晩まで元気に飛び回っていました。
 そんなすみれさんが、このごろ窓辺に立って、四角い空をポツンと見上げていることが多くなりました。仕事がいやになったわけではありませんが、なんとなく、都会の生活に疲れてしまったようなのです。
 -田舎に帰ろうかな-
 窓辺にもたれてそんなことを考えていた時、編集長がポンと肩をたたきました。
「高原のペンションに、行ってきてくれないか? しあわせサラダという変わったサラダが出るそうなんだが、その料理人を取材してきてほしいんだ。なんだか、とてもうまいそうだよ」
「しあわせサラダか…」
 すみれさんは、その言葉の響きにひかれて、行ってもいいなと思いました。

--------------------------------------------------------------------------------

 -この仕事で最後にしよう。田舎にでも帰って、結婚でもしよう-
 高原に向かう列車の中で、すみれさんは、そんなことを考えていました。
 高原のペンションは、バス停からだいぶ入った、白樺林の中にありました。丸太小屋風の小さな建物でしたが、その色は、白でも水色でもなく、まるで風のようなふしぎな色でした。
 すみれさんは、額を流れる汗をハンカチでふきながら、玄関のチャイムを押しました。
 シャラン ロン リン ロン
 さわやかな夏の風のような音がして、すぐに、真っ黒に日焼けした男の人が出てきました。
「いらっしゃいませ。お待ちしていました」
 ペンションのオーナーは、さわやかな笑顔で部屋へ案内してくれました。
「最後の仕事、しっかりやらなくちゃ」
 すみれさんは、そんなことを考えながら、ベットの上に横になると、なんだかとてもいい気持ちで、いつしか眠ってしまいました。

--------------------------------------------------------------------------------

「夕食の時間です」
 すみれさんが、ドアの外からの声で目をさますと、あたりはすっかり暗くなっていました。
 食堂には、もう何人かのお客が集まっていて、オーナーが一人で、食卓の準備をしていました。どのお客も、なんとなく疲れているようすでした。
「料理人の取材をしたいのですが」
 すみれさんがたずねると、オーナーは、ちょっと困ったように答えました。
「申し訳ありません。今はちょっと、手が離せませんので…」
 すみれさんは、少し変だなと思いましたが、とにかく、サラダを食べてみてからにしようと思いました。
 最初に出された高原野菜のスープやハンバーグも、焼き立てのチーズパンや山ぶどうのワインも、どれもおいしそうでした。食べてみると、本当にその料理はとてもおいしくて、すみれさんたちは、あっという間に食べてしまいました。
 食べ終わると、中年の男の人が、オーナーを呼んで言いました。
「しあわせサラダは出ないのですか? 私はそれが目当てでここに来たのに…」
「私も、そうですよ」
 他のお客たちも、口々に言いました。
「今つくっていますので、少々お待ち下さい」
 オーナーはそう言って、キッチンへ姿を消しました。
「しあわせサラダって、どういうサラダなのかしら?」
 若い女の人が、待ち遠しそうにつぶやきました。
「そのサラダを食べると、しあわせになれるというのならいいんだけどね」
 女の人といっしょに来たらしい若い男の人が言いました。
「そんなサラダがあったら、毎日でも食べたいよ」
 さっきの中年の男の人が、ため息まじりにつぶやきました。
 すみれさんは、そんな言葉を聞きながら、そっとオーナーの後を追って、キッチンをのぞきに行きました。そこにはオーナーがただ一人、大きなガラスのボールに盛った野菜を、小さな器に分けているのが見えました。
 夜だというのに、窓が大きく開け放たれていて、そこから気持ちのよい風が吹き込んでいました。
「料理人は、いないのかしら?」
 オーナーが、そのサラダを若草色のトレーに乗せようとしているのを見ながら、すみれさんは、あわてて写真を一枚撮り、席へもどりました。
「お待たせいたしました。これがしあわせサラダです。どうぞ、召し上がって下さい」
 オーナーは、みんなのテーブルにそのサラダを配りました。
 そのサラダは、レタスを敷いた上に、雑草のような野菜が盛られているだけのものでした。すみれさんは、サラダの写真を一枚撮りました。
「これがしあわせサラダなの?」
 若い女の人が、がっかりしたように言いました。
「君、これは普通のサラダじゃないか。それにこの草はなんだ。ここに来る途中の道端にはえていたものじゃないのか?」
 中年の男の人が、おこったように言いました。確かにそのサラダは、今までの料理と違って、おいしそうには見えませんでした。
「はい、そうです」
 オーナーは、気にとめるようすもなく、ニコニコしながら答えました。
「ドレッシングはないんですか?」
 すみれさんが、たずねました。
「たっぷり、かけてあります。今日は特別おいしくできました。ただ、ちょっと風が強かったので、ほこりが少し入ってしまいました」
 オーナーは、すまして答えながら、早く食べて下さいとすすめました。
「私はいらないわ!」
 女の人が、不機嫌そうに席を立って、部屋を出て行こうとしました。若い男の人も、後を追いかけるように席を立ちました。
 すみれさんは、おそるおそるそのサラダを口に運びました。
「おいしい!」
 そのサラダは、パリッとみずみずしくて、さわやかな苦味と、後に残るふくよかな甘みが何とも言えずおいしくて、思わず声を上げてしまいました。
「うん。うまい」
 すみれさんの声につられて食べ始めた中年の男の人も、一口食べると驚いたように叫びました。部屋を出ようとしていた二人も、そのようすを見ながら席に戻り、フォークを手にしました。
「本当においしい。なんか、なつかしい味だな。ずっと昔、子供の頃食べたような!…。でも、何の味だったろう?」
 若い男の人が、そう言いました。
「風の香りじゃありません? 遊び疲れて草の上に寝転がった時の、青い草と太陽の光が混ざったような、風の香り…」
 すみれさんが、ささやくように言いました。
「そうか。味じゃなく、香りだったんだ。かすかに感じるほこり臭さも、子供の頃泥まみれであばれ回っていた時の匂いだ。なつかしいな。あの頃は本当に一生懸命で、しあわせだったんだ」
 中年の男の人が、うなずきながらいいました。
「あの頃は、夢をたくさん持ってたわ」
 女の人が言いました。
 それからみんなは、子供の頃の思い出を、夜遅くなるまで楽しく語り合いました。
 「オーナー、どうもお世話になりました。私、仕事をやめようと思っていたのですが、もう一度、頑張ってみようと思います。しあわせサラダのおかげです。ありがとうございました」
「そうですか。それはよかった。また、いつでもおいでください」
 すみれさんは、とうとう料理人の取材をさせてもらえませんでした。
「あっ、そうだ。しあわせサラダの料理人って、もしかしたら…」 
 そこまで言うと、すみれさんは話すのをやめました。
「世界一すてきな記事を書きますから、きっと読んで下さい」
 すみれさんの足取りは、夏の風のように、とてもさわやかでした。


 

作品录入:totti250    责任编辑:totti250 

  • 上一篇作品:

  • 下一篇作品:
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    村上春树《骑士团长杀人事件》

    日本作家到底多有钱,看看村上

    日媒推荐七部日本轻小说入门作

    日本明治时代可以靠写作维生吗

    林少华:村上春树审视的主题依

    告诉你一个真实的芥川龙之介



    ca88亚洲城真人娱乐